訪問診療・往診

当院が提供している訪問診療(在宅医療)は、高齢の方や病気を患った方がお一人での通院が困難になったときに、患者様のもとに医師が定期的に診察に伺い、治療や計画的な健康管理(栄養状態や転倒リスクの評価・寝たきりや床ずれ・誤嚥性肺炎の予防など)を“かかりつけ医”としておこないます。また緊急時には24時間365日体制で医師や看護師が対応し、必要に応じて自宅や施設に伺い診察・治療・ケアを行う往診も行っております。
これまで日本では、急性期病院を退院後に通院が難しくなると、療養型病院に転院し長期入院することができましたが、医療を取り巻く状況や医療費の問題から制度の見直しがなされ、現在は病院以外の場所で療養場所の受け皿が必要となっています。
このため、当院が訪問に伺う場所は、住んできた自宅だけにとどまらず、有料老人ホームやグループホームといった高齢者向けの施設などへと年々広がりをみせています。また在宅医療で受けることができる医療サービスの内容も増えてきており、様々な疾患を抱えた患者様やご家族がご利用できます。まずはお気軽にご相談ください。

 

訪問診療・往診が対象となる患者様


疾病、傷病のため通院が困難な方
自宅での療養を希望される方
がん・末期・難病・重度障害者の方
病院から退院した後ご自宅で療養生活をおくる方
最期を自宅で過ごしたい方
かかりつけ医がいない方
具体例:寝たきり状態、脳梗塞後遺症、神経難病、認知症、悪性腫瘍末期など

提供できる医療・検査

血液・尿・便検査
心電図検査
超音波検査
胸水や腹水の除去など管理
点滴注射
中心静脈栄養
経管栄養(胃・腸瘻,経鼻胃管など)
留置カテーテル管理(尿の管など)
褥瘡(床ずれ)など創傷処置
人工呼吸器管理
在宅酸素療法
処方箋発行
各種診断書・指示書の作成

訪問診療・往診の可能距離

当院では、現在当院を中心として半径16㎞を目安に訪問診療・往診に対応しております。

あくまで目安になりますので、範囲外の患者様でもご気軽にご相談ください。

具体的には、東は広島駅周辺まで、西は大竹駅周辺まで、北はもみの木森林公園の南の地域までとなっています。

訪問診療の範囲外でも、可能な限り対応できるよう努力致します。まずは気軽にご相談ください。

訪問診療・往診専用車

2021年4月より訪問診療専用の車両を配備致しました。
この車両によって、緊急時の往診などにも対応することが出来るようになりました。