TOP 特定健診

ー特定健診についてー

広島市の国民健康保険に加入されている40歳以上75歳未満の方、協会けんぽ加入者のご家族様で40歳〜74歳の方を対象に、特定健康診断(元気じゃ健診)が行われます。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。
当院では特定健診を随時受け付けております。「ネット予約」からのご予約も可能です。

検査内容

  • 必須項目

    • 問診・診察
      既往歴/喫煙歴/服薬歴/自他覚症状など
    • 身体測定
      身長/体重/腹囲/BMI
    • 血圧測定
      最高血圧/最低血圧
    • 尿検査
      蛋白/糖
    • 血液検査
      肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)/血中脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)/糖代謝検査(血糖・HbA1c)
  • 医師が必要と判断した場合の追加項目

    • 眼科系検査
      眼底検査(眼底鏡や眼底カメラを使って、眼球の奥にある血管・網膜・視神経を調べる検査です。)
    • 心電図検査
      心臓に流れている電気信号をチェックし、正常に心臓が動いているかを調べる検査です。
    • 貧血検査
      血液中に含まれる赤血球の数や割合、ヘモグロビンの量を調べる検査です。
    • 生化学検査
      血液や尿に含まれる成分を調べ、体の健康状態を調べる検査です。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームとは、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病になる前の段階の状態を言います。
内臓肥満に高血圧、脂質異常、高血糖などが合わさると、メタボリックシンドロームと診断されます。診断基準は以下の通りです。

  • 内臓脂肪蓄積(ウエスト周囲径)

    男性 85cm以上
    女性 90cm以上
    ※内臓脂肪面積が男女ともに100cm²に相当

  • 脂質異常

    高トリグリセド血症
    150mg/dL以上
    かつ/または
    低HDLコレステロール血症 40mg/dLより少ない

  • 高血圧

    収縮期(最大)血圧
    130mmHg以上
    かつ/または
    拡張期(最小)血圧
    80mmHg以上

  • 高血糖

    空腹時血糖 110mg/dL以上

ウエスト周囲径に該当した方のうち、脂質異常・高血圧・高血糖のうちの
2つ以上に該当する方は「メタボリックシンドローム」と診断されます。

特定健診の費用

対象者 料金(税込)
廿日市市国民健康保険に加入されている40~74歳の方 無料
後期高齢者健診市民税課税世帯 1,000円
後期高齢者健診市民税非課税世帯 無料
社会保険加入者で40~74歳の方 2,000円ほど
(所得により異なります。)