スタッフ プロフィール


院長名 山根 基(やまね もとい) ご挨拶
昭和51年に広島大学医学部を卒業後、広島大学医学部第2外科に入局、研修を修了。その後、2年間三原三菱病院、3年間広島大学病院に勤務後、昭和58年に広島大学大学院医学研究科入学。昭和62年大学院終了後、広島大学病院、県立広島病院、因島医師会病院、医療法人輔仁会太田川病院に勤務後、廿日市市宮内のゆかりのあるこの地に平成6年7月に山根クリニックを開院、現在に至っております。
開院以来「山根クリニック」は地域のホームドクタ-として、地元の皆様の健康維持のサポ-トに邁進しております。外科、胃腸科、肛門科、乳腺科、呼吸器内科、リハビリテ-ション科を診療しており、広島総合病院とも連携し、つねに患者の皆様に親身になった診療を職員一同心がけております。特に肛門科では「切らずに治す痔に治療」をモット-としております。また、当クリニックでは、胃がん、大腸がん、乳がん、甲状腺がん、特定健診も行っておりますので、お気軽にお申し付けください。
資格 医学博士
認定医 日本医師会認定
健康スポーツ医
日本医師会認定 産業医
所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡学会
日本臨床内科学会
日本大腸肛門学会

 

医師名 山根 宏昭(やまね ひろあき) ご挨拶
2020年から本格的に山根クリニックで働き始めました山根宏昭です。
医師になって10年目ですが、それまでは手術全般(主に腹部領域)や周術期管理、がん全般の手術、抗がん剤治療、終末期治療に携わってきました。
高齢化によるがん患者様の増加と抗がん剤治療による特徴的な副作用への対処は、今後の地域医療において重要な課題となります。
山根クリニックでは、これまで培ってきたがん治療全般の知識を活用し、地域の皆様のがんの早期発見や抗がん剤治療中のフォロー、治療後の定期検診・緩和治療などを重点的に行っていけたらと考えております。
また日本が超高齢社会に突入する中で、患者様やご家族の希望する様々なニーズに対応した地域包括ケアが重要となってきております。山根クリニックとしても地域の方々と連携し未来のある地域の仕組み作りを進めて参ります。
認定医 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
がん治療認定医
腹部救急専門医
緩和ケア研修会修了
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本乳癌学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本腹部救急医学会
日本臨床腫瘍学会

 

医師名 山根 亜紀(やまね あき) ご挨拶:
はじめまして。山根亜紀と申します。
2010年に久留米大学を卒業後、広島大学病院で初期研修を終了。その後、広島大学病院をはじめ、大学の関連病院を中心に内科、消化器内科として消化器病疾患を中心に診療に携わっておりました。
山根クリニックでは内科診療と、特に内視鏡検査や治療を行っております。お困りのこと、症状がありましたらお気軽にご相談ください。
認定医 消化器病専門医
日本内科学会認定医
緩和ケア研修会修了
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

 


看護師 :3名
受付  :3名