肛門疾患

良性疾患ではありますが、生活に密着した悩みを持たれる方の多い肛門疾患に対し、大腸・肛門専門外来を設けております。

肛門疾患には、内痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔瘻(あな痔)をはじめ、肛門狭窄、肛門閉鎖不全、肛門ポリープ、直腸脱、肛門掻痒症、直腸肛門痛などがあります。特に3大痔疾患であるない痔核、裂肛、痔瘻はよくみる病気で、成人の3人に1人が痔の病気で悩んでいるともいわれています。また、ときどき肛門からの出血を痔だと思って放置され、直腸・肛門のがんが進行した状態でみつかる場合もあります。

肛門の悩みがある方は受診に抵抗感がある場合が多いですが、勇気を出して受診をお勧めします。また当院では治療困難な症例については、専門病院へ紹介することもあります。

まずはご気軽にご相談ください。

 

内痔核の治療方針

肛門疾患のうち最も多い疾患は内痔核です。当院では「切らずに治す痔の治療」をモットーとしております。

基本的には肛門内軟膏や内服による保存的加療を行います。また日常生活の便通も痔核の重症度に大きく関係しており、便通を整えることで痔核の改善が見込まれます。当院では便通などの日常生活改善などの指導も行っております。

上記の保存的加療で出血、脱出、痛みなどの症状改善が乏しい場合には、痔核結紮法(ゴム・バンドによる)や四段階ジオン硬化療法など患者様の体の負担が少ない治療法をまず選択します。四段階ジオン硬化療法は、手術に匹敵する治療効果があり、ジオン硬化療法の講習を受講し認定された医師が担当し安全な治療を心掛けております。

これらの治療で根治が難しい症例には、安全な局所麻酔での日帰手術(結紮切除術)を致しております。

 

肛門周囲膿瘍・痔瘻の治療方針

直腸と肛門の境目の小さなくぼみから大腸菌などが入り込み、直腸と肛門の周囲が化膿したものを肛門周囲膿瘍といいます。膿瘍(膿のたまり)が切開されるか、あるいは自然に破れたりすると膿が出て直腸、肛門とつながった膿みの管ができます。これを痔瘻といいます。また、進行すると肛門の周りが腫れて激痛が続き高熱を伴う場合があります。肛門周囲膿瘍は、重症化する場合もありますので、早めに排膿する必要があります。

また、肛門周囲膿瘍で症状がいったん改善した場合でも2人に1人ぐらいの方が痔瘻となります。痔瘻となった場合には自然治癒は難しく、手術治療(痔瘻根治術)の適応となります。当院では局所麻酔による後遺症の残らない安全な術式での日帰り手術をしております。また、若い方が難治性の痔瘻で悩んでいる場合にはクローン病という特殊な腸の病気を合併していることもありますのでご相談下さい。